1. ホーム
  2. 女性の腰痛体験談
  3. ≫人生で3回のぎっくり腰の体験談@腰痛持ちはつらい

人生で3回のぎっくり腰の体験談@腰痛持ちはつらい

腰痛

私が初めてぎっくり腰になったのは、高校生の頃。野球部のマネージャーだった私は、その日野球部員とグラウンドの草むしり作業を行っていました。

特にそれまで腰痛などなかったのですが、首がストレートネックで頭痛持ちという指摘を病院から受けており、姿勢の悪さから腰にも負担が来ていたのでしょう。

なんだか根の張った大きな草を、大きなカブを抜くかのように「うんとこしょどっこいしょ!」と引っ張っておりました。

なんとしてでも抜きたいと思い、その大きな雑草を相手に力を振り絞っていました。そして、抜けた時には力が後ろに行き、そのまま腰がぴきーっといって、人生初のぎっくり腰となったのです。

そのまま四つん這いになり、動けなくなり、口もきけず、呼吸で耐えていました…。

湿布を貼ったり氷で冷やしたり応急処置をしてもらい、腰を押さえながらなんとか帰宅し、接骨院へ行くことに。

2回めのぎっくり腰は第一子の子育て中に起こった

そして時は過ぎ、結婚、妊娠、出産を経て第一子がむくむくとと大きくなり、1歳前には約十キロの子供を抱えて生活しております。

腰に負担が来ていたのは百も承知。ある時アイロンがけをしていてさぁ終わったと立とうとした瞬間。ぴきーっ!

嫌な感じです。悲鳴をあげてそのまま倒れこみ、動けなくなってしまいました。

今回のぎっくり腰は重症で歩けなくなり、這いながら子育てをするという地獄のぎっくり腰でした。母に手伝いに来てもらわなければ、何もできなかったと思います。

なんとか足を引きづりながら接骨院へと治療にいき、体が硬いことを指摘されました。そして大きな子供を抱えていつもいつも歩いていたので相当な腰の負担だったようです。完治はせずにこのまままた何年も腰痛と付き合いながら、三年後に第二子を出産しました。

出産前は足が痛かったり腰が痛かったり体は悲鳴をあげ、出産後は授乳だの産後すぐの上の子の幼稚園への送り迎えなど抱っこだの 腰が痛いなど言っていられないほど育児がのしかかっていました。

姿勢の悪い体で抱っこひも生活。前へ前へと体が曲がり、いつも「腰が痛いなぁ」と言っていました。

3回めのぎっくり腰をくしゃみをした瞬間にやってきた

過去に2回のぎっくり腰を経験しながら、赤ちゃんがいて病院なんていけずケアも何もしていません。痛くなったら湿布を貼ってよくなって、また痛くなっての繰り返し。それからまた2年後、腰痛は当たり前の長い付き合いで、とうとう3回目のぎっくり腰やってしまいました。

今日は痛いぞ、そう思った朝、くしゃみをしたら「ぴきーーーっ!」そのまま倒れこみ、四つん這いのまま動けずです。

長男の小学校の支度もできず、四つん這いで長男に指示を出し、なんとか学校へ送り出しました。

近所の接骨院に駆け込み、治療を開始。たくさん指摘されました。姿勢の悪さから腰骨が逆にカーブしている、体のゆがみがひどい、などなど。

今整体や鍼治療などをしてケアしているところです。やっと2度とぎっくり腰をしないように親身になってくれる院を探せたので定期的に通って治していきたいです。

あとは、次のページで紹介されているような簡単なストレッチを、無理のない範囲で続けてみようと思います。

【参考】3秒でできる腰痛ストレッチの方法と効果【テレビ番組で話題】

【人気記事】腰痛対策におすすめのマットレスランキング

腰痛におすすめのマットレスランキング
腰痛対策におすすめのマットレス・敷き布団をランキング形式で紹介中!マットレスの選び方も解説していますので、少しでもご参考になれば嬉しいです。

腰痛対策におすすめのマットレスランキングはこちら
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.