1. ホーム
  2. 女性の腰痛体験談
  3. ≫10年苦しんだ慢性腰痛に効果があったストレッチ方法

10年苦しんだ慢性腰痛に効果があったストレッチ方法

腰痛ストレッチ

33歳の女性、仕事は事務職(会社員)をしております。仕事を始めた20代の頃より、かれこれ10年ほど腰痛に苦しんでいました。

当初は、事務職ではなくデザイナーとして昼夜を問わずパソコンの前に座って、同じ体制で仕事をしていたのが腰痛のきっかけです。

徹夜で仕事をしなくてはいけないことも多く、私だけでなく同僚も腰痛持ちが多かったです。最初は、座っている時にじんわりと腰が痛いなぁと感じはじめ、集中して仕事をした後にふと体を動かすと、腰がイタタ…と感じる事が増えてくるようになりました。

腰痛の酷い場所は、腰の下の部分から臀部にかけてです。原因は間違いなく、座りっぱなしの仕事のせいだと思います。また、ここ数年は仕事以外の就寝中も腰が痛くて寝つきが悪くなることが増え、片方の足にしびれが来るようになりました。

整体や鍼灸では全然改善しない

日々悪化する腰痛に、これはどうにかしなければいけないと、整体に通ったり、針灸に通ったり、はたまた整形外科で調べてもらったりと色々しました。ただ、どの治療も自分の腰痛にはしっくりときません。

そこで偶然ネットで見つけたのが、ストレッチをして腰痛を改善しようという記事でした。人によっては、筋肉が凝り固まってしまって、中々腰痛が改善しない場合があるらしいのです。

そんな場合には、毎日の暮らしの中で筋肉の緊張を緩めて、コリをほぐしてあげる事で腰痛が改善するという内容でした。

今まで散々お金をかけてきたのに、ストレッチごときでこの腰痛が治るものかなと半信半疑ではありましたが、試してみたところ、これが中々効果があったのです。そこで、そのストレッチ方法についてご紹介します。

私が実際にやっている腰痛改善ストレッチのやり方

まずは座って足を開き、普通にストレッチをします。そのあと、片方の足を自分の方に引き寄せるように曲げて、曲げた方の足に体を倒していきます。

これをすると、腰からお尻の筋肉がぐ~っと伸びるのを感じるはずです。微妙に角度を変えて倒していくと筋肉の伸びる方向も違ってくるので、色々試してみると人によってはより効果的に効く場所があるかもしれません。反対側も同じようにやります。

その後、横になり膝を立てます。片足をもう片方の足の膝の部分にあぐらをかかせるような形で置いてください。そして、置かれている方の足の太もも部分を両手でつかみ、ゆっくりと胸側に引き寄せます。

お尻が浮く感じになりますが、これで腰がぐぐ~と伸びるのを感じます。同じようにもう片方もやります。

最後に、寝た状態で足を横に倒し、こぶしを握って凝っている部分をこぶしでぐりぐりとほぐします。たったの3ステップだけですが、びっくりするほど腰の血流が良くなって、筋肉がほぐれるのを感じるかと思います。

私はここ3か月ほど、このストレッチを続けていますが、現在はだいぶと腰が軽くなり、整体にも針灸にも通わずに済むようになりました。

腰痛にも色々な症状があると思いますので、全ての方にこの方法が効くかは分かりませんが、お金もかからず就寝前に気軽にトライできる腰痛改善法です。特に私と同じように、腰の下部が痛い人は是非ためしてもらいたいです。

【人気記事】腰痛対策におすすめのマットレスランキング

腰痛におすすめのマットレスランキング
腰痛対策におすすめのマットレス・敷き布団をランキング形式で紹介中!マットレスの選び方も解説していますので、少しでもご参考になれば嬉しいです。

腰痛対策におすすめのマットレスランキングはこちら
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.