1. ホーム
  2. 女性の腰痛体験談
  3. ≫マットレス選びを高反発にしたら起き上がるのが楽になった!

マットレス選びを高反発にしたら起き上がるのが楽になった!

伸び

過去に妊娠をした際に、絶対安静の状態になり1か月程入院しました。その時の妊娠は継続出来ませんでしたが、次からも妊娠した場合は初めに入院をしなければならない状態になったんです。

その辺りから、極度に運動不足になっていき、その関係もあってか、ある日突然ぎっくり腰になりました。ぎっくり腰の症状でが一番辛かったのが、下半身を全く動かせなかったこと。

移動するときにはほふく前進で、何とか布団までたどり着いても、自分で体の位置を変えることができません。恥ずかしい話ですが、主人に足や腰の位置を直してもらわなくてはならない程でした。

トイレに行く時にもほふく前進をしなくてはいけない程の重症

さらに大変なのがトイレへ行くとき。トイレまでほふく前進で移動して、何とか便器までたどり着き、周りにつかまりながら必死に腕の力だけで立ち上がります。

この時点では便器の方を向いていたので、便器に座るには体の方向をかえなければなりません。ただ、ぱっと振り返ることもなんて、腰痛がひどい状態なので出来ません。

そのまま、しばらく立尽くした状態で、痛みに泣きそうになりながら、ゆっくりゆっくり方向転換するは本当に辛かったです。そのことがきっかけで、腰は文字とおり、体の要(かなめ)なんだなぁとしみじみ思いました。

ぎっくり腰になってから、冬場になると強く痛む傾向もあり、普段からできる限り腰に負担をかけないように行動していました。また、私は花粉症なので不意のくしゃみも大変危険です。ちょっと気を抜くと、腰がイタタ!となることはしばしば。

子供を幼稚園に送るときも腰が痛くて杖をついたまま

子供を2人産んでからは抱っこも出来ないくらいの腰痛の時がありました。その時は100均で買った杖で幼稚園のバス停まで歩いて行き、とても恥ずかしかったです。

それから、痛みがひどくなったときには、整形外科へ行ってレントゲンを撮ってもらったりもしましたが、異常が見つからずに、湿布しかもらえなかった覚えがあります。こんなに辛いのに病院へ行っても、無駄なんだと…がっくりしました。

また、この頃には、毎朝布団から起きるのが辛かったです。「いたたたた」と起きていました。ここでやっと自分が使っている布団が、体にあっていないのかな感じました。

お腹に子供が出来てからは家でじっと安静にしていたり、二階の寝室へ行くのをやめ客間で布団を敷いて過ごしていました(良い布団ではありません)。

寝具の重要性にようやく気付いて高反発マットレスを購入

生まれてからもしばらくは客間で生活していたし2人目が生まれてからは大きなみんなで横になれる布団をかって床に敷いていましたが、これがまた薄っぺらで良くない感じの布団です。

そこで、マットレスを変えてみようと思い、ネットでいろいろ調べることに。当時の流行りは低反発のものでしたが、私にはどうしても腰が沈み込む感じが痛そうだなぁと思ったので、思い切って高反発のマットレスを購入してみました。

同じものはもうないようですが、私が買ったのは「高反発マットレスボディーバランス140ニュートン厚さ8cm」のものです。固さで180ニュートンとか、種類がるようですが、結果としてはこれを買って大正解でした。

使用し始めて2~3日で「あれ?起きるときに痛くない。」と気づきました。それ以来ずっと使っていますが、腰がギクっとして危ないと感じる事がなくなりました。

不意のくしゃみも恐れていません。来年小学生の子供も重いのに抱っこできます。自分でも、嘘のように痛みが取れて驚いていると同時に、寝具って大事なんだと思いました。

長い時間横になるものですから、早く気づけば良かったですね。なお、今は私が買ったものと同じ製品は発売されていませんが、高反発マットレス・モットンなどは腰痛の方にも評判が良いみたいです。

【参考】マットレス・モットンの評判@腰痛で悩む主婦が使った感想

90日間返金保証付きで試せるのも、腰痛持ちにとっては嬉しい点ですね。

【人気記事】腰痛対策におすすめのマットレスランキング

腰痛におすすめのマットレスランキング
腰痛対策におすすめのマットレス・敷き布団をランキング形式で紹介中!マットレスの選び方も解説していますので、少しでもご参考になれば嬉しいです。

腰痛対策におすすめのマットレスランキングはこちら
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.