1. ホーム
  2. 女性の腰痛体験談
  3. ≫とんかつ屋さんでギックリ腰を発症@お店で30分間うずくまりました

とんかつ屋さんでギックリ腰を発症@お店で30分間うずくまりました

とんかつ

30代で出産しました。初めて子供ということもありあやし方がわかっていなかったので、泣いたら抱っこ、歩きたくなかったら抱っこ、寝かしつけるのに抱っこと一日の中で常に抱っこする習慣がついていました。

いわゆる「抱き癖」をつけてしまったのです。生まれたときは3,000gほどでしたの、抱っこするのもそれほど負担ではありません。しかし、成長するにしたがって子供の体重も増えていき、徐々に腰に負担がかかるようになりました。

子供の体重が5キロを超えたくらいから、腰の痛みを激しくなり、毎晩寝る前にはサロンパスが欠かせない生活となっていました。

お米を持ち上げた瞬間に腰に強い痛みがきた

そんな生活を続けていたある日、子供と買い物をしてスーパーで買った5キロのお米をアパートの2階の部屋に運ぼうと、車の中から出そうとした時です。「ギクッ」と腰に痛みが響き、軽いぎっくり腰のような状態になってしまいました。

それでも何とか、部屋まで子供とお米の両方を痛みをこらえながら運びました。さすがにその日は、旦那さんに早く帰宅してもらい、子供の抱っこは旦那さんに任せしました。

翌日は、腰にシップを張り、ロキソニンを飲んで寝たものの、痛みが全然引きません。仕方ありませんので、実家に電話をして、アパートに迎えに来てもらい、しばらくの間実家で療養することにしました。

3日程、家事や育児を実家の母親に任せて実家で療養をした結果、腰の痛みもすっかりなくなったので、お礼の意味も込めて実家の母と子供の3人で近くのとんかつ屋に外食しに出かけました。

そしたら、また事件が起こったのです。腰の痛みが引けたとはいえ、座敷で正座するのはまた痛みが再発する危険性がああります。そこで、椅子の席を希望したのですが、あいにく昼時ということもあり、空いていませんでした。

しょうがなく、座敷で食べることにしたのですが、正座を崩した姿勢とはいえ、とんかつ定食が出てくるまでの時間と飲食する時間、1時間ほどでまた腰に鈍い痛みを感じるようになったのっです。

ようやく3人で食べ終え、席を立とうとするときも、なるべく腰に負担がかからないようにゆっくりと立ち上がり、そのときはまだ少し痛みがある程度でした。

とんかつ屋さんで子供を抱き上げた瞬間、ギックリ腰になる

しかし、会計している実家の母をおいて、外に出ていく子供を止めようと階段を駆け下りた子供を抱き上げようとした瞬間、今まで感じたことのない激痛に見舞われ、その場から動くことができなくなりました…。これが本当のぎっくり腰だったのです。

店を後にするお客さんに変な目で見られながらも、一歩も階段の途中から動くことができません。恥ずかしいという思いよりも、とにかく痛くて痛くてしょうがなかったのです。

とりあえず、持っていたロキソニンを飲んで、しばらくそこに座り込み薬が効くのを待ちました。30分ほどすると薬が効いたのか少しだけ動けるようになったので、そのすきに車に移動し、シートを横に倒し、隣県で働いている旦那さんに迎えに来てもらうことに。

その間、1時間ほどとんかつ屋の駐車場で待機です。結局、旦那に抱えられるように家に戻り、それから、2日程寝たきりの生活をすることになりました。

トイレは横になり這うようにしながら移動し、食事も体を起こすことができなかったのでベッドの横においてもらい寝ながら食べました。この一件以来、「ぎっくり腰」の怖さを痛感し、子供をなるべく抱っこしないような生活に切り替えています。

あとは腰痛予防のためにと、寝るときに使用しているマットレスを高反発の製品モットンに変更しました(モットンの口コミはこちら)。

腰が悪い人は低反発のマットレスを使用すると、腰の負荷が大きくなるため、余計に症状が悪化しますので、絶対に低反発の製品はおすすめしません。

【人気記事】腰痛対策におすすめのマットレスランキング

腰痛におすすめのマットレスランキング
腰痛対策におすすめのマットレス・敷き布団をランキング形式で紹介中!マットレスの選び方も解説していますので、少しでもご参考になれば嬉しいです。

腰痛対策におすすめのマットレスランキングはこちら
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.