1. ホーム
  2. 肩こりの改善方法
  3. ≫眼精疲労からくる肩こりを解消しよう@目を酷使は要注意!

眼精疲労からくる肩こりを解消しよう@目を酷使は要注意!

目が疲れるビジネスマン

日ごろ、仕事で何時間もパソコンを見続けているという人も多いのではないでしょうか。仕事以外にもスマートフォンやテレビなど、私たちは何時間も目を使っているはずです。

気が付くと目が疲れて、肩こりや頭痛に悩まされるという人もいるかもしれません。睡眠などで目を休めてスッキリすれば問題はありませんが、いつまでたっても目の疲れや肩こりが治らないというときは『眼精疲労』が原因かもしれません。

そこで今回は、眼精疲労からくる肩こりを解消する方法をご紹介いたします。最近「肩こりがひどいな…」と感じた人は、ぜひ参考にしてみてください。

眼精疲労とは

目薬

『眼精疲労』とは慢性的に続く目の疲れのことです。ただの『目の疲れ』と違い、睡眠を取って目を休めているのにも関わらず、症状が改善されないのが特徴です。また目の疲れが一度取れてもすぐにまた症状が繰り返される、疲れ方が早く回復が遅い場合も『眼精疲労』となります。

また目の疲れだけでなく、肩や首すじの凝り、頭痛、不眠などの症状を引き起こすこともあり、重症化するとめまいや吐き気を伴うことがあるのです。原因として目の使い過ぎが挙げられますが、ストレスや風邪などでも同じように『眼精疲労』の症状が現れます。

また度が合わないメガネやコンタクトレンズを使うことでも、『眼精疲労』になることがあるので注意してください。

なぜ眼精疲労で肩こりになるのか?

肩こりになる男性

ではなぜ『眼精疲労』で肩こりになるのでしょうか。まずは目の疲れからくる肩こりの原因を確認してみましょう。

姿勢の悪さ

仕事に集中し過ぎて、だんだんと姿勢が崩れていませんか。姿勢が崩れてしまうと腰や肩に負担がかかり、肩こりや腰痛の原因になります。デスクワークで、長時間パソコンに向かっているという人は特に注意してください。

日頃から自分の姿勢を意識して、画面と顔の距離が近くならないようにすることが大切です。

筋肉の固さ

何かに集中したり、緊張したりすると筋肉が固くなってしまいます。デスクワークで何時間も身体を動かさないという人は、特に肩こりや腰痛が強く症状に現れます。適度に身体を動かして、固まった筋肉をほぐしてみてください。

自律神経の乱れ

目は物を見るために目の奥にある筋肉を使っています。自律神経が乱れると、目の筋肉の緊張・疲労が起こり、肩こりにつながるのです。また自律神経が乱れていると、いつまでも目の疲れも取れません。まずは日頃の生活習慣を見直して、規則正しい生活を送るようにすることが大切です。

眼精疲労からくる肩こりを解消する方法

マッサージをされる女性

眼精疲労からくる肩こりは、肩周辺の筋肉の緊張や血流不足によるものです。そこで、眼精疲労からくる肩こりを解消方法をご紹介します。

1.こまめに休憩をとる

眼精疲労になる前に、目を休ませることが大切です。何時間もパソコンやテレビ、スマートフォンなどを見ていると目の奥が痛くなり、ドライアイになってしまいます。1時間に1度は目を休めてみてください。

目薬などを使ったり、蒸しタオルを目に当てたりするなども良い方法です。また目の周りの筋肉をほぐしたり、ツボを押すのも効果があります。

2.姿勢に気を付ける

仕事中や勉強中など、長時間机に向かっているという人は姿勢も気を付けてください。画面と目の距離が近すぎると、目にも負担がかかってしまいます。

特に長時間座っていると筋肉も固くなってしまうので、適度に身体を動かしてみるのも良いかもしれません。どうしても姿勢を正しくキープできないというときは、座布団や椅子を変えてみるのも方法です。

3.生活習慣を改善する

日頃の生活習慣が乱れていませんか?生活習慣が乱れると、自律神経が悪くなり肩こりや腰痛を引き起こします。肩こりの症状が出始めると、目がどんどん疲れやすくなり、肩こりが強まるという悪循環になるのです。

バランスの良い食事と、しっかりと睡眠を取ることでもずいぶんと肩こりは改善します。またストレスも眼精疲労の原因になるため、上手にストレス発散をしてください。

4.目に合ったコンタクトや眼鏡を選ぶ

当たり前のことですが、自分の目に合ったコンタクトや眼鏡を付けるようにしてください。度が合わないコンタクトや眼鏡は、眼精疲労の原因にもなります。

無理に物を見ようとすることで、目の筋肉を酷使することになるのです。肩こりだけでなく目の視力も落としてしまうため、コンタクトや眼鏡は定期的に合っているか病院できちんと検査を受けるようにしましょう。

まとめ

パソコンやタブレット、スマートフォンなど、今では私たちにとっては必需品になっている昨今、これがないと仕事にならないという人も多いはずです。

とは言え長時間の使用は眼精疲労の原因になり、肩こりや頭痛に悩まされる人も少なくはありません。画面を見るときはこまめに休憩を取り、正しい姿勢に気を付けましょう。

また生活習慣を改善するだけでもずいぶんと肩こりは楽になります。もちろん症状がひどいときは無理せず、病院で相談してみてくださいね。

【人気記事】腰痛対策におすすめのマットレスランキング

腰痛におすすめのマットレスランキング
腰痛対策におすすめのマットレス・敷き布団をランキング形式で紹介中!マットレスの選び方も解説していますので、少しでもご参考になれば嬉しいです。

腰痛対策におすすめのマットレスランキングはこちら
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.