1. ホーム
  2. 肩こりの基礎知識
  3. ≫スマホの使い過ぎは肩こりの原因@スマホ肩こりを予防方法

スマホの使い過ぎは肩こりの原因@スマホ肩こりを予防方法

スマホを使う女性

最近、「肩こりがひどい」ということがよくあります。よくよく考えると、前日に長時間パソコンやスマホ(スマートフォン)を使っていたことに気が付くのです。

特にスマホはいつも自分の身近にあるため、ついつい使い過ぎてしまいますよね。今では国民の半数以上がスマホを所有していて、通信手段として欠かせないアイテムとなりました。しかしスマホが普及すると、肩こりに悩む人が増えたのも事実です。

そこで今回はスマホ肩こりに悩む人ののために、肩こりを予防する方法をご紹介いたします。日頃からスマホを長時間使っているという人は、ぜひ参考にしてみてください。

スマホを使うとなぜ肩こりになる理由

肩こりに悩む女性

スマホを長時間使っていると、首や肩が痛くなることがあるはずです。まずはスマホを使うとなぜ肩こりになるのか確認してみましょう。

操作中の姿勢

スマホを操作しているとき、どうしてもうつむき加減になりますよね。うつむいた姿勢を長時間していると、首の後ろから肩にかけての筋肉がこわばり、血流が悪くなります。すると肩こりを引き起こすのです。

さらに頭を前に倒す角度によって、15度で12キログラム、30度で18キログラム、45度で22キログラム、60度で27キログラムと首への負担が増していきます。首への負担が大きければ、それだけ肩こりになるのです。

ストレートネック

ストレートネックという言葉を聞いたことがあるという人も多いのではないでしょうか。ストレートネックとは、頚椎の自然な湾曲が失われる症状のことを言います。

頭を支える首のクッションが低下するため、首に負担がかかり肩こりを引き起こします。またストレートネックは肩こりだけでなく、頭痛、手のしびれ、めまいを引き起こすこともあるのです。同じ姿勢でスマホを使い続けることで姿勢が悪くなり、ストレートネックになるといわれていますが、他にもバレエダンサーや首が長い人もなりやすいそうです。

目の疲れ

長時間のスマホの使用で、目が疲れたと感じることがありませんか?実は眼精疲労も肩こりの原因と言われています。

『小さい画面で文字を読む』、『ゲームに集中して瞬きの回数が減る』、『ブルーライトを長時間見続ける』など、これらの行為は目にはかなりの負担になります。

目の周りの筋肉は肩とつながっているため、筋肉が疲労状態になり肩こりをおこすのです。

肩こりにならないスマホの使い方

スマホ操作

スマホで肩こりになるという方は、スマホの使い方を改める必要があります。日頃から肩こりにならないスマホの使い方を心がけてみてください。

スマホを目線の高さまで上げて使う

長時間うつむいてスマホの操作をすると、筋肉が固くなり肩こりを引き起こします。そこで、スマホを目線の高さまで上げて使うようにしてみましょう。これだけでも肩や首にかかる負担が大幅に改善できるのです。

乗り物でスマホを操作しない

通勤や通学中にスマホを使う人も多いはず。しかし乗り物でスマホを使うと、揺れる画面を見ることになり、目に負担がかかります。

眼精疲労は肩こりの原因にもなるため、乗り物を乗っているときのスマホの使用は控えるようにしましょう。公共の場では周りの迷惑にもなります。

長時間の使用は避ける

肩こりを防ぐためには、長時間の使用は控えるようにしてください。ついついスマホを使っていると、時間が過ぎてしまうものです。

せめて1時間使ったら10分は目を休めるようにしましょう。休憩のときに少し体をほぐして、コリを解消してみるのも良い方法です。

スマホ肩こりを和らげよう

スマホ肩こりになったら、少しでも筋肉をほぐして肩こりを和らげてみてください。そこで、手軽にできるストレッチをご紹介いたします。

背中のストレッチ

ストレッチ

1.イスに座ったまま両手を上にあげます。

2.息を吐きながら腕を後ろに倒し、背中を反らせてください。

※これを5回程度繰り返します。

これは座ったままでもできるストレッチなので、仕事中のオフィスでも簡単におこなうことができます。もちろん、椅子に座らなくて立ったままでもOKです。

肩甲骨のストレッチ

後ろで手を伸ばすストレッチ

(写真:161130_スマホの使い過ぎで肩こりに!スマホ肩こりを予防しよう【02】)

1.両手を背中で組みます。

2. 肩甲骨を内側にグッと寄せてて10秒程キープします。

※これを5回程度繰り返してください。

腕・手首のストレッチ

手首のストレッチ

1.腕を前に伸ばし、片方の手で反対側の指4本を握り手首を下に反らします。

2.そのまま腕を上に持ち上げてください。そのまま10秒程キープする。

※左右で1回ずつおこないます。

慣れてきたら20秒~30秒キープして、左右1回を1セットとして数回行ってみてください。

まとめ

スマホは今ではなくてはならない通信家電です。電話だけでなくネットやゲームなどもできるため、ついつい長時間使ってしまう人も多いはずです。気が付くと肩がガチガチにこって、肩が上がらないということも珍しくありません。

また頭痛や眼精疲労、指の筋肉痛などの症状が出ることもあるのです。とは言え、スマホを使わないというわけにはいきませんよね。そこで、少しでも肩こりにならないように、日ごろから使い方にも気を付けるようにしてみてください。

ずっとうつむいてスマホを操作していると、肩こりだけでなく美容や健康にも良くないので注意しましょう。

【人気記事】腰痛対策におすすめのマットレスランキング

腰痛におすすめのマットレスランキング
腰痛対策におすすめのマットレス・敷き布団をランキング形式で紹介中!マットレスの選び方も解説していますので、少しでもご参考になれば嬉しいです。

腰痛対策におすすめのマットレスランキングはこちら
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.