1. ホーム
  2. 肩こりの基礎知識
  3. ≫肩こりが発生する原因と症状進行のメカニズム

肩こりが発生する原因と症状進行のメカニズム

肩こり

肩こりのことをあなたはどのように理解していますか?

おそらく多くの方は首から肩にかけての痛みやコリを、肩こりと考えているかと思います。しかし、決してそれだけが肩こりではありません。腕から背部にかけての痛みやしびれなどの症状も、肩こりが原因で発生することもあります。

ちなみにですが、首・肩・腕・背中・肩で異常を感じた場合、整形外科的疾患(頸椎椎間板ヘルニア)などを除いたものを、全て肩こり(胸肩腕症候群)として診察します。

整形外科的疾患とは、要するに病院などといってなんらかの病名がつくようなものです。つまり、病名がつかない症状は、そのほとんどが肩こりに該当するわけです。

私自身が指導しているクライアントにも、病院で肩が痛いといって診察を受けた結果、加齢による肩こりと診断された方が実際にいました。そのように、痛みが発生する箇所がたとえ肩でなくても、肩こりと診察をされます。

なお、少し古いデータですが平成19年の国民生活基礎調査によれば、肩こりを訴える人は腰痛とほぼ近いくらいの数にのぼっており、その患者数は女性性は1位、男性では第2位です。

ここでいう患者数というのは、すべての症状・疾患などで、病院を訪れる人数です。つまり、風邪や腹痛で病院へ行く人もよりも腰痛で治療に行く人の方が多いわけです。

それに、現在の日本では目を酷使するパソコン・スマホでの操作が日常となっており、肩こりは多くの人が抱える悩みです。今よりもスマホ利用者が少ない平成19年のデータでも、肩こりで悩む人がそれだけ多かったわけですから、今後もその数値は上昇していくことが予測できます。

肩こりが起きるメカニズム

医者

基本的な肩こりは、頭と頸部を支えている筋肉の疲労から起きます。例えば、以下に挙げたようなことが原因です。

■主な肩こりの原因

  • 同じ姿勢で長い時間いること
  • 悪い姿勢で生活すること
  • 偏った動きの多いスポーツをしていること
上記の原因すべてに共通してうることが、肩の筋肉の一部に強い負荷がかかってしまうことです。

最初の段階では筋肉の緊張だけなのです(この時点ではなにも感じない人が多い)。ただ、筋肉の緊張状態が続くと、血管の圧迫、老廃物の蓄積、自律神経異常と段階的に症状は悪化していきます。そして、最終的に肩こりの症状を引き起こすわけです。

そのあたりのメカニズムを以下では一つ一つお話していきましょう。

第一段階:肩周辺、筋肉群の緊張

肩周辺、とくに僧帽筋(読み方:そうぼうきん)という肩の上についている筋肉が緊張することから、肩こりはスタートしていきます。この時の身体の状態としては、僧帽筋に張りを感じます。また、筋肉の弾力がなくなり壁のように硬くなる人もいます。

僧帽筋

僧帽筋は筋肉の中でも、痛い・重い・張っているなどを感じるための感覚神経がとても鈍感な筋肉です。ですので、この時点では、肩こりの原因となる「僧帽筋が張り」に気付かない人もいます。

そのため、どんどん症状のステージが気付かないうちに上がっていってしまうのです。

第二段階:血管の圧迫

血管

筋肉の中には、多くの血管や神経を通しています。そのため、当然筋肉の動きが少なくなる・筋肉の弾力がなくなるという症状が起こると、血管が徐々に狭くなり、血流が悪くなっていきます。

首の筋肉の僧帽筋にもこれと同じことが言えます。僧帽筋の筋肉の硬さや張り感が出てから、しばらくするとその筋肉が、筋肉の中を通している血管の圧迫しはじめるんですね。

その結果、血流が悪くなることで、肩周りの温度が下がっていきます。そうなると肩が冷えを感じたり、なんだかおもだるいような感覚が出てます。

第三段階:老廃物の生成・蓄積

肩こりの女性

筋肉の中には、血管と並列するように、リンパ管も身体を巡っています。リンパ管とは、体内の老廃物や疲労物質の流したり、栄養成分を運ぶ役割を持つ管状の組織のことです。

筋肉の緊張状態が続くと、血管が圧迫されるのと同じように、身体中を走っているリンパ管も圧迫されます。そうすると、体内の老廃物や疲労物質がリンパ管を流れにくくなり、肩周りで滞留しはじめるんです。

そして、老廃物や疲労物質が停滞しだすと、多くの人は肩こりを感じるようになります。つまり、肩こりの直接的な原因は、老廃物や疲労物質が肩周りに蓄積することで感じる現象なのです。

第四段階:神経伝達異常(痛みを認識し交感神経が反応)

肩が痛い

さらに、肩こりの症状が進行してくると、筋肉中に張り巡らされている神経の圧迫も起こります。ここまでくると、肩だけでなく、腕にしびれた感じが出てきたり、頭が痛くなったりする人もいます。

偏頭痛と呼ばれる症状の90%が肩こりからくる、神経伝達異常が原因で起こると言われていますが、ここまで読んでくださったその理由もお分かりいただけるはずです。

このように肩こりを放置すると、肩だけでなく腕や背中の筋肉の痛み、あるいは頭痛にまでつながってしまう恐ろしい病気です。

本記事のまとめ

肩こりが起きるメカニズムを4つ段階に分けてお伝えしました。特に伝えた内容で大切なのは、「肩こりを感じ始めた段階で、すでに症状はかなり進行している」という点です。

なお、肩こりのそもそも原因は「僧帽筋の緊張」です。ですから、その症状を抑えることが、肩こりを治すためには重要になります。

日ごろから、自分自身で肩を触ることを習慣にして、少しでも筋肉が硬いと感じたり、肩周辺の体温が低いような感覚があった場合は、早めにストレッチ・マッサージをするようにしてください。

また、自分でストレッチをすることができない方は、整体院へ行ってマッサージをしてもらうようにしましょう。

症状が出始めてからだと、肩周りをほぐしたり、柔らかく緩ませていくのに時間がかかります。病気などと同じく、治療よりも予防が重要ですので、早め早めの対処を心がけることが大切です。

【人気記事】腰痛対策におすすめのマットレスランキング

腰痛におすすめのマットレスランキング
腰痛対策におすすめのマットレス・敷き布団をランキング形式で紹介中!マットレスの選び方も解説していますので、少しでもご参考になれば嬉しいです。

腰痛対策におすすめのマットレスランキングはこちら
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.