1. ホーム
  2. マットレス
  3. ≫無印の布団から布団用マットレスへの買い換えた口コミ感想

無印の布団から布団用マットレスへの買い換えた口コミ感想

29歳、3歳と1歳の子どもと夫と暮らしています。今は育児休暇中ですが、それまでは子どもを保育園へ通わせ、正社員として働いていました。

現在のアパートに住み始めて4年以上が経ち、その間一度私たち夫婦の布団を買い換えることがありました。最初に使っていたのは無印良品の、外側が洗える仕様になっているセミダブルの布団。

購入当初は気に入っていたのですが、我が家の寝室は秋冬になると湿度が高くなるため、床にはすのこを敷いて毎朝布団を上げていたのです。

しかし、すのこを敷いていたにも関わらず、カビてしまいました。これは無印良品の布団が悪いのではありません。おそらく、すのこ自体が水分を吸ってしてまって、触れている布団がカビてしまったのでしょう。

安物のすのこだったので木も吸湿性に優れたものは無かったんだと思います。それでも布団がカビたのはごく一部だったので、その後2年程は外側のジップ式のカバーを洗濯して使っていました。

布団は上げ下げが大変なのでマットレスに買い替え

しかし、徐々に寝心地にも変化が…。布団が徐々に薄くなってしまい、下に敷いていたすのこが痛くて安眠できなくなってきたのです。

アパートの性質上外干し出来ないので、布団乾燥機を使っていましあが、それでも布団の劣化は早かったです。ただでさえ上の子どものぐずりで夜まとまった時間眠れなかったり、下の子を妊娠したりとナイーブな時期だったので、これ以上の面倒はゴメンだと布団の買い換えを検討し始めました。

購入したのはまたまた無印良品。ですが今回はセミダブル→ダブルへとサイズアップしました。サイズアップの理由は、セミダブルだと大の大人2人が寝るのはやはり少し狭かったからです。

そして布団ではなくマットレスへと変更。購入したのはポリエステル固綿敷き布団用マットレスです。こちらもカバーを取り外して洗濯可能で、価格は税込8,925円でした。

中には反発性の高いポリエステルの固綿が入っているとのこと。「布団用マットレス」という商品名を見ると、このマットレスの上に布団を敷くようですがマットレスだけで充分布団として役目を果たせると夫と判断し、私たちはこのマットレスしか敷いていません。

そして、湿りやすい我が家の安物の「すのこ」ともおさらばです!下に敷くのに選んだのは某低価格家具店の井草マット。通気性に優れており、湿度の高い日も布団を上げればサラサラ!買って良かったです。

1年間マットレスを使ってみたが腰がすごくラクになった

肝心のマットレスはというと、個人的には寝心地抜群。以前の布団だと体に少なからず、腰に負荷がかかっていたような気がしますが、使い始めて1年以上経つマットレスは一晩寝ても心地良くて癒されます。やはり、腰には反発力の高い高反発マットレスの方が合う良いようですね。

マットレスは布団よりも軽量なので、朝布団を上げる動作も以前より楽に出来て嬉しいです。総合的に判断して、布団を買い換えて良かったなぁと思っています。

【人気記事】腰痛対策におすすめのマットレスランキング

腰痛におすすめのマットレスランキング
腰痛対策におすすめのマットレス・敷き布団をランキング形式で紹介中!マットレスの選び方も解説していますので、少しでもご参考になれば嬉しいです。

腰痛対策におすすめのマットレスランキングはこちら
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.