1. ホーム
  2. 腰痛の改善方法
  3. ≫育児でママが腰痛になる5つの原因と予防方法@子育ては大変!

育児でママが腰痛になる5つの原因と予防方法@子育ては大変!

赤ちゃんとママ

子育てをしていると「思った以上にハードだ」と感じることが良くあります。日常生活のお世話はもちろんのこと、抱っこに外遊びと毎日体力勝負です。中には子育て中に腰痛になるママも少なくはありません。

私も出産前から出始めた腰痛が、出産後良くなるどころか反対にひどくなる一方でした。そこで今回は、育児でママが腰痛になる5つの原因と予防方法をご紹介いたします。

産後は腰痛にご注意

腰痛のママ

今までは腰痛には無縁だったという人も、産後に腰痛に悩まされるようになったという声をよく聞きます。実は産後の腰痛は骨盤のゆがみが原因です。

骨盤は妊娠・出産をきっかけに広がり、産後3~4ヶ月かけて元に戻ろうとしますが、産後の過ごし方や無理な姿勢での育児でバランスが崩れてしまうこともあるのです。

そのため骨盤が正しい位置に戻ることができず、歪んだままになってしまうことも珍しくありません。骨盤が歪んだままでいると、腰に負担がかかり腰痛になってしまいます。そのため、産後は無理せずに体のバランスを整えることを第一に考える必要があるのです。

育児で腰痛になる5つの原因

ベビーカー

腰痛は産後だけではありません。育児中のママは、あらゆる場面で腰に負担をかけています。まずは育児中で腰痛になる原因を確認してみましょう。

ついつい猫背になってしまう

赤ちゃんのお世話はおむつ替え、お風呂、授乳など中腰になることが多くあるはずです。中腰であかちゃんのお世話を長時間していると、腰に負担がかかり腰痛の原因となります。

また授乳で姿勢が猫背になっていることがありませんか?どれも不自然な体制で腰を痛めてしまいます。できるだけ姿勢が崩れないように、おむつ替えのときはお尻を床に付けて座るなどの工夫をしてみてください。

育児によるストレス

慣れない育児にストレスを感じるママも多いのではないでしょうか。ストレスがかかると、筋肉が緊張して固くなってしまいます。そうすると血行が悪くなり肩こりや腰痛を引き起こすのです。

ストレスをゼロにするのは難しいので、少しでもストレスを蓄積しないように上手にコントロールすることが大切。たまには子守を誰かに頼んでショッピングに行ったり、趣味に没頭したりするのも良いのではないでしょうか。

急に動いて腰に負担がかかる

育児中は咄嗟に動かなければならないことが多くあります。急に子どもが泣き出した、危ない物を触ろうとした、外で急に走り出したなど…。男の子であれば女の子以上に気が抜けないはずです。

急な動きで腰に負担がかかることもよくあります。いつもは気を付けていたのに、危険を回避するために急な動きをしたことで、ぎっくり腰になったという方もいるので注意してくださいね。

抱っこの仕方

子育てで一番腰に負担がかかるのが子どもの抱っこです。子どもは抱っこが大好きなので、ある程度大きくなっても「抱っこ」と要求してくる子も多くいます。我が家の次男も幼稚園の年長さんですが、いまだに「抱っこ」とよく言われます。

赤ちゃんのときなら簡単に抱っこできたのが、15キロを超えるとかなり腰と膝に負担がかかるものです。抱っこは高い位置から子どもを持ち上げるのではなく、必ず膝を曲げて腰を落としてから抱き上げてください。下すときも、なるべく体を密着させて下してあげましょう。

子どもと手をつなぐ

子どもが小さいと、必ず外に行くときは手を繋ぎますよね。そのとき腰が前かがみになっていませんか?腰が曲がると腰痛の原因になります。さらに毎回同じ方向の手ばかりを繋いでいると、骨盤にも影響が出るのです。

たまには反対の手でつないでみたり、同じ方向ばかりでカバンを持たないなど工夫してみてください。

育児中の腰痛改善方法

腰痛のマッサージ

育児中の腰痛は油断すると悪化してしまいます。できれば少しでも腰に負担がかからないようにすることが一番。そこで腰痛の改善方法をご紹介いたします。

ストレッチや体操をしてみる

腰痛は筋肉が凝り固まったことで起こります。そこで、凝っている筋肉をストレッチや体操でほぐしてみてください。腰回りの筋肉をゆっくりと動かしてほぐしていきます。

無理にストレッチや体操をすると逆効果になるので、腰や肩などを伸ばして「気持ちいな」という程度におこなってみてくださいね。

骨盤ベルトを使ってみる

育児は子どもが生まれた瞬間から始まります。産後骨盤が元の位置に戻るまでは数カ月かりますが、それまで子育てをしないわけなにはいきませんよね。

そんなときは骨盤ベルトを使って、腰への負担を軽減してください。ただし骨盤ベルトは正しく装着しないと効果がありません。きちんと説明を読んで正しく装着してくださいね。

お風呂でリラックス

冷えは腰痛には大敵です。体が冷えると血行が悪くなり、肩こりや腰痛を引き起こす原因になります。そこで、お風呂に入って体全を温めてみてください。

体を温めると血行が良くなるだけでなく、リラックス効果もあります。育児中は時間が惜しいと思うママも多く、ついついシャワーで終わらせがちになるという人もいるかもしれませんが、湯船につかる方が腰痛には効果があります。

病院やマッサージで改善させる

腰痛がひどい、繰り返し痛みがある場合は、無理せずに専門家に診てもらいましょう。マッサージで筋肉をほぐしてもらったり、骨盤のゆがみを治してもらったりすることで、今までの腰痛がピタリと治まったということもあるのです。

まとめ

子育ては体力勝負です。風邪をひいても、腰痛がひどくなっても家事や育児は放棄できません。無理をして、子育て中に腰痛がひどくなったという人も多くいるのです。

少しでも腰に負担がかからないように、日頃から気を付けてみてください。育児中に「軽い腰痛が出てきたな」と感じたら無理は禁物。少し意識するだけでも、腰への負担はかなり軽減されるはずです。

【人気記事】腰痛対策におすすめのマットレスランキング

腰痛におすすめのマットレスランキング
腰痛対策におすすめのマットレス・敷き布団をランキング形式で紹介中!マットレスの選び方も解説していますので、少しでもご参考になれば嬉しいです。

腰痛対策におすすめのマットレスランキングはこちら
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.