1. ホーム
  2. 腰痛の改善方法
  3. ≫生理中の腰痛がつらい!痛みの原因と対処法

生理中の腰痛がつらい!痛みの原因と対処法

腰を支える女性

毎月生理になると、「なんだか体がだるい」「お腹が重い」「腰に痛みを感じる」と体に異変を感じる女性の方も多いのではないでしょうか。

中には生理が来る前から症状が出て、「あ、そろそろ生理がくるな」と気が付く人もいるはずです。日頃腰痛とは無縁な人でも、このときばかりは起き上がるのも辛いという方も少なくはありません。

実は生理中に起こる腰痛はぎっくり腰などとは違って、ホルモンバランスが大きく関係していることをご存知ですか?

そこで今回は、生理中に起こる腰痛の原因と対処法をご紹介いたします。

生理中におこる腰痛の原因

クエスチョンマーク

多くの女性が生理中に、お腹や腰に痛みを感じています。ではなぜ生理中に腰痛が起こるのでしょうか。まずは原因を確認してみましょう。

月経前症候群

生理がまだ来ていないのに、腰が痛いということがありませんか?生理前に腰痛になる原因の多くが『月経前症候群(PMS)』です。『月経前症候群』は、生理の3日~10日ほど前から精神的な面や身体的に様々な症状が現れます。

全ての女性にこの症状が現れるというわけではなく、実はまだはっきりした原因はわかっていません。一説によると、黄体ホルモンの分泌異常が関係していると言われています。黄体ホルモンの分泌により自律神経のバランスが崩れ、骨盤内に血液が滞りやすくなるため、腰痛になると考えられているのです。

ホルモンバランスの崩れ

生理が始まると、お腹周りが重と感じる人も多いはず。これはホルモンバランスの崩れが原因と考えられています。

生理中は経血を排出しやすくするために『リラキシン』というホルモンが分泌され、骨盤を開きやすくしています。骨盤が緩むと、骨盤周りの筋肉に負担がかかり腰痛になるのです。さらに子宮収縮を促す女性ホルモンの『プロスタグランジン』も生理中は多く分泌されます。

これは痛みを感じやすくさせる作用があるため、分泌量が増加すると腰痛や腹痛が辛いと感じるようになるのです。

生理中の腰痛を楽にする方法

ソファーで眠る女性

生理中は腰痛がひどくて、何もやる気が起こらないということが良くあります。しかし実際は生理中であっても、仕事や家事を簡単に休むことはできません。そこで、少しでも生理中の腰痛を楽にする方法を実践してみてください。

身体を温める

身体が冷えると、ホルモンバラスンスが崩れやすくなると言われています。そこで血行を良くするためにも、身体の中から温めてあげてください。日頃シャワーで済ませるという人も、きちんと湯船に入るようにしてみましょう。

生理中の腰痛は下腹部や骨盤周り、脚を特に温めると効果が表れます。38度~40度のお湯に20分ほど浸かります。お風呂で身体を温めると血行が良くなり、筋肉もほぐれるのです。

食べ物で改善

食生活も少し注意することで、腰痛の緩和に期待ができます。日頃の食生活を思い出してみてください。甘い物や添加物がたくさん含まれているものを、良く食べていませんか?

実は添加物や砂糖がたくさん含まれた食品は、身体を冷やす作用が強く生理時の腰痛の原因にもなるのです。また食べ物だけでなく、緑茶やコーヒーなどカフェインを含む飲み物も身体を冷やす働きがあります。

反対に身体を温める食べ物として、『ねぎ』『しょうが』『大根』『かぼちゃ』などです。冬に収穫される野菜は身体を温めるものが多いので、これからの季節、積極的に取り入れてみてください。

また痛みを感じさせる『プロスタグランジン』の生成を抑える食べ物を摂取するのもおすすめです。カルシウムやDHA・EPAが含まれている食品は、『プロスタグランジン』の生成を抑えると言われています。魚や乳製品、ナッツなどがこれに当たります。

適度な運動をする

生理中の腰痛を緩和するためには適度な運動も必要です。激しい運動は腰に負担がかかるので、ヨガやウォーキング、ストレッチなどがおすすめ。生理前から骨盤底筋と呼ばれる筋肉が固くなると言われています。

そのため、骨盤底筋をほぐすことで腰痛の緩和になるのです。ヨガやストレッチで骨盤や腰回りの筋肉を動かして、固くなった筋肉をほぐし、血流をよくしてみましょう。生理中だけおこなうよりも、毎日少しずつ筋肉をほぐしておく方が効果的です。

アロマでリラックス

生理中の腰痛や腹痛は、ストレスが大きい人ほど起こりやすいと言われています。そこでストレスを軽減するために、アロマでリラックスしてみてください。

アロマは100%天然のものを使った方が効果に期待ができます。凝り固まった筋肉をほぐすなら『ローズマリー』『マージョラム』『ペパーミント』がおすすめです。

ただしアロマで腰痛が緩和されるかどうかは、個人差があります。あまり腰痛改善の効果が得られなくても、部屋にアロマを焚くことでリラックス効果は期待できるはず。リラックス効果を期待するのなら、自分が落ち着く香りのものが一番です。

生理中の腰痛を無理に我慢しない

生理痛の痛み止め

生理は病気ではないとはいえ、生理痛や腰痛を我慢するのは心身ともに良くありません。中には「病気ではないし、薬を飲みたくない」と我慢している人もいるのではないでしょうか。

生理痛や腰痛がひどいときは、無理せず鎮痛剤を飲んで緩和しましょう。鎮痛剤は痛み出したらすぐに飲むのが効果的です。長時間我慢すると『プロスタグランジン』が大量に分泌されて、薬を飲んでもなかなか痛みが治まらないということになります。

また薬を飲んだけれども、ちっとも痛みが取れないというときは病院に受診するようにしてください。日常生活に支障が出る場合には『月経困難症』や『婦人病』を起こしている可能性もあります。

まとめ

生理中はホルモンバランスの乱れから、腰痛や腹痛、頭痛と言った身体の症状だけでなく、気分が沈む、イライラすると言った心の症状も現れます。特に腰痛はひどくなると、日常生活にまで影響が出ることもあるのです。

運動や食事などの生活習慣を見直して、少しでも生理中の腰痛を緩和してみてください。辛いときは無理をせず、薬に頼るのも1つの方法です。

【人気記事】腰痛対策におすすめのマットレスランキング

腰痛におすすめのマットレスランキング
腰痛対策におすすめのマットレス・敷き布団をランキング形式で紹介中!マットレスの選び方も解説していますので、少しでもご参考になれば嬉しいです。

腰痛対策におすすめのマットレスランキングはこちら
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.