1. ホーム
  2. 腰痛の改善方法
  3. ≫その腰痛もしかしたら更年期?40代になったら気を付けよう

その腰痛もしかしたら更年期?40代になったら気を付けよう

頭痛の女性

20代の頃は「40歳なんてまだまだ先」と思っていた人も多いのではないでしょうか。30代になり「まだあと10年もあるし」と充実した生活を送っていたら、あっという間に40歳。30代のときとは違ってなんとなく疲れが取れにくくなった、身体のあちこちに不調を感じるという人もいるはずです。

中には今までは何もなかったのに、40歳を過ぎてから腰痛に悩まされる人も少なくはありません。実は女性の腰痛を引き起こす病気・障害の一つに更年期障害が考えられることをご存知ですか?そこで今回は、腰痛と更年期の関係をご紹介いたします。

更年期障害とは

更年期障害の薬

更年期障害がおこる大きな原因は、ホルモンバランスの崩れです。閉経を挟んだ前後約10年のことを『更年期』といい、一般的には45~55歳頃がこの期間とされています。

更年期に起こるさまざまな体調の変化は、おもに『エストロゲン』と呼ばれるホルモンの現象です。『エストロゲン』の分泌量は30代半ばにピークを迎え、これ以降は卵巣機能が低下するに従って、エストロゲン量は徐々に減っていき、40代半ばからは急激に減少します。

この突然の変化に身体がついていくことができず、『更年期障害』を引き起こすのです。更年期障害のおもな症状は以下にことが挙げられます。

■更年期の体の症状

  • 疲れやすい
  • 耳鳴り、動悸
  • のぼせ、ほてり、多汗
  • 手足のしびれ
  • 関節の痛み、手足の冷え
  • からだのかゆみ
  • 腰痛、肩こり
  • 肌や目、口の乾燥
  • 頭痛、めまい
  • 尿トラブル

■更年期の心の症状

  • イライラ
  • 不眠
  • 不安感
更年期は誰にでも訪れる期間ですが、症状は個人差があります。強く更年期障害が出る人もいれば、気が付かないうちに更年期が終わってしまったという人もいるのです。また同じ症状でも、日によって出方やつらさが違うこともあります。

腰痛と更年期障害の関係

腰に右手をあてる

多汗・ほてり・イライラ・不眠などは更年期障害で良く見られるため、これらの症状が現れると「更年期障害かも」と気が付くこともあるはずです。

しかし中には、腰痛や肩こりが起きることもあり、若い頃からこれらの症状がある人は更年期障害だと気が付かないことも珍しくはありません。では腰痛と更年期はどのような関係があるのでしょうか。

更年期になると『エストロゲン』が減少すると言いましたが、これによって自律神経が乱れて血管が収縮されます。そのため全身の血流が悪くなり腰痛や肩こりを感じることが多くなるのです。

さらに年齢が上がるにつれて腰回りの筋肉も弱くなり、使われない筋肉が硬くなることで痛みを発症します。また日頃から姿勢が悪い、肥満傾向にある、運動をあまりしないという人も注意が必要です。様々な要因が重なり合って、更年期に体の痛みが発生するというわけです。

更年期障害からくる腰痛の対処法

お風呂でくつろぐ女性

更年期障害からくる腰痛はぎっくり腰とは違い、炎症が起きているわけではありません。どちらかと言えば『慢性腰痛』のような痛みを伴います。そのため冷やすのではなく、温めて血行を良くすることが大切です。

お風呂に浸かる、ゆっくりお風呂につかる、温湿布やゆたんぽ、蒸しタオルなどで痛い部分をじっくり温めるなど、血流が促進されると筋肉がほぐれて痛みを緩和することができます。

また日頃から軽い運動やストレッチをおこなっておくことも良い方法です。とは言え、無理は禁物。痛い箇所に負担となるような姿勢を避けるなど、日常生活の中での工夫してみてください。

更年期を上手に乗り切るためには

伸びをする女性

更年期障害は個人差がありますが、症状が重くなるか軽くなるかは日頃の生活習慣と、周りの環境です。食生活や生活習慣が不規則でストレスを感じやすい環境にいると、心身が不安定になり症状も悪化してしまいます。

ちょうど40代半ばは親の介護や子どもの独立、仕事面など、何かと私たちを取り巻く環境も大きく変化する時と重なる時期です。一番は無理をせず、ストレスを溜めないこと。そして初心に戻って規則正しい生活を送ることです。

今では更年期障害を緩和する薬や漢方薬もドラッグストアで購入することができるので、軽い症状なら検討してみても良いかもしれません。

また今では、20代・30代で更年期のような症状が出てしまう、『若年性更年期障害』の人が増加していると言われています。女性の社会進出によりストレスや責任を抱えるようになったこと、過度のダイエット、食生活の乱れなどが原因に挙げられます。

心身ともにストレスにさらされると、若い内からホルモンバランスを崩してしまい、身体は更年期と同じ状態にまで機能低下を起こしてしまうのです。

「まだまだ大丈夫」「誰でも更年期は訪れるものだから」と放置しておくと、不眠やうつの原因にもなります。体の不調が出始めたら、主治医に相談するようにしましょう。きちんと病院で検査をし、自分に合った薬を使うことで辛い更年期障害を緩和することができます。

まとめ

今まで腰痛を経験したことが無いのに、40歳を過ぎてから急に腰が痛くなったという人は、更年期障害が原因かもしれません。「まだまだ私は大丈夫」と思っていても、更年期はいつ訪れるか分からないのです。

さらに今では『若年性更年期障害』の患者さんも増えているため、若いからと言って安心はできません。まだ更年期を迎えていないという人は、これからに備えておくことが大切です。また更年期障害でつらい症状が続く場合は、きちんと医療機関を受診しましょう。

【人気記事】腰痛対策におすすめのマットレスランキング

腰痛におすすめのマットレスランキング
腰痛対策におすすめのマットレス・敷き布団をランキング形式で紹介中!マットレスの選び方も解説していますので、少しでもご参考になれば嬉しいです。

腰痛対策におすすめのマットレスランキングはこちら
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.