1. ホーム
  2. 腰痛の改善方法
  3. ≫自宅で出来る!ぎっくり腰の治療方法と予防方法

自宅で出来る!ぎっくり腰の治療方法と予防方法

ぎっくり腰

ぎっくり腰は、腰痛の症状の中でも急性で起こる症状です。腰痛患者のうちの慢性的症状を訴える方が85%程度の大半であり、実はぎっくり腰で悩む人は腰痛は全体数%となり、割合で見れば少ないです。

ただし、それでも腰痛を訴える方は日本全国に3000万人なので、ぎっくり腰になってしまう方も少なく見積もっても数万人はいます。そのため、人数で見れば決して少数ではありません。

おそらくこれをご覧になっている方も、今まさにその症状腰で悩んでいる方や、頻繁にぎっくり腰になる方ではないでしょうか?

そこで、こちらの記事ではぎっくり腰が起こる原因、予防方法や治療方法を詳しく解説します。

ぎっくり腰が起こる原因や痛みの特徴

医者

ぎっくり腰は、背骨の一つ一つの間にあるクッションの役割をしている椎間板という場所が痛んだり、背骨自体が傷むことによって起こります。病院や整体院では急性腰痛症や椎間捻挫(読み方:ついかんねんざ)などと診断される症状です。

この症状が起こるケースとして多いのが、引っ越しや大掃除をしているときに重いタンスやダンボールをいきなり一気に持ち上げたり、庭仕事などで中腰になってから立ち上がったり、洗面台で顔を洗っているときなどによく発症します。症状の特徴としては、腰を捻った部分にだけ強い痛みを感じるのが特徴です。

なお、ぎっくり腰になってしまったときの治療方法は、実はとてもシンプルでとにかく安静にしてゆっくり休むことです。

無理をしたり治りきっていないのに、仕事に復帰したい、学校に行きたいなどの理由で行動をしてしまうと、癖になって繰り返すことが多いいです。そのため、痛みが引いてくるまで(約3週間)はなるべく安静にしておいた方が良いでしょう。

ただし、回復をできるだけは早める方法や予防方法はあります。それらについて解説していきます。

ぎっくり腰の治療方法

1.症状が出て3、4日間は安静にする

療養

ぎっくり腰を発症したら、3~4日間は自宅で安静にしてください。その期間は整形外科や病院などに行かなくても良いです。

病院に行くという行動自体が負担になる可能性があります。そいれに整形外科へいっても安静にして休むように指示されるケースがほとどんですので、その期間はとにかく負担をかけないように意識しましょう。

2.横向き身体を丸くして高反発マットレスで寝る

マットレス

通常通り仰向けに寝るのも、痛みがある状態ではつらい可能性が高いです。ですから、患部への負担を減らすために、横向きになるようにしましょう。

痛みが引いてきた場合は、仰向けに寝ても良いのですがあまり柔らかいベットで寝てしまうと腰が沈んでしまい負担がかかるので、できるだけ硬い高反発マットレスを活用して寝るようにしましょう。

例えば、株式会社GreenWorksが販売している「モットン」のような、高反発マットレスのような製品です。こちらのマットレスは腰痛が多い日本人の体型に合わせて設計されているため、腰痛で悩む方が普段を使いするのにもおすすめです。

モットン

返金保証付きで購入することができるので、もし自分に合わないと感じたら返金請求をすれば良いだけなので、損をすることはありません。

【参考記事】モットンの評判@使用者の口コミを紹介

3.アイシング(氷で冷やすこと)をする

氷

発症してから1~2日間は、一日のうちに15分×3回くらいは氷で冷やすようにします。ただし、腰を冷やすと身体全体が冷えてくる方も多いので、冷え性気味の方は1回のアイシング時間を短くしてください。

また、冷湿布を貼る方も多いのですが、冷湿布というのは、腰の痛めている部分の炎症を止めているわけではありません。炎症をごまかす鎮痛消炎剤が塗ってあるだけなので、必ず氷で冷やすようにしましょう。

以上、紹介した3つがぎっくり腰の対処方法です。症状が出てから一週間くらいたつと痛みの方は、だいぶ和らいできて、動くことに対してはストレスがなくなってきます。

そこからは軽くウォーキング(歩行運動)をして、身体を軽く動かしてください。痛みが引いてからは血行を良くすることが大切なので、お風呂の際にはシャワーだけで済ませないで、湯船にしっかりとしっかりと浸かることも大切です。

ぎっくり腰の予防のストレッチ・シェルポーズのやり方

ぎっくり腰の原因の1つが、腰回りの筋肉が硬くなってしまっていることです。そして、その予防方法として効果あるのがストレッチ運動です。そのために今回は、パーソナルトレーナーである私が、ぎっくり腰にならないためにやっておきたい腰の部分の脊柱起立筋(読み方:せきちゅうきりつきん。下記画像の赤色部分)ストレッチのやり方を紹介します。

脊柱起立筋

1.足の裏と足の裏を合わせた状態で座ります。

シェルポーズ

シェルポーズ

2.そこから脚の内側に手を通して、つま先を掴みます。

3.つま先を掴んだら、腰を丸めるようにして頭を足に近づけていきます。

4.腰の根元のほうを伸ばすようにしていきます。

5.ワンポイントとしては、腹筋に力を入れるようにするとさらに伸びてきます。

本記事のまとめ

腰痛の中でも、ぎっくり腰は急性のものなので、腰痛を持っていても一生のうちになる人とならない人がいるかもしれません。しかし、ぎっくり腰は痛みが強いため、なってしまったときの対策を理解しておくことは、なってしまったときに慌てないためにも大切です。

また、予防方法である脊柱起立筋ストレッチも紹介しましたので、よくぎっくり腰になるという方は、普段の生活にぜひト入れてください。

【人気記事】腰痛対策におすすめのマットレスランキング

腰痛におすすめのマットレスランキング
腰痛対策におすすめのマットレス・敷き布団をランキング形式で紹介中!マットレスの選び方も解説していますので、少しでもご参考になれば嬉しいです。

腰痛対策におすすめのマットレスランキングはこちら
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.