1. ホーム
  2. 腰痛の改善方法
  3. ≫マッケンジー体操で腰痛の症状が改善@運送業の私の対策方法

マッケンジー体操で腰痛の症状が改善@運送業の私の対策方法

運送業

私は運送業で働いている、今年で39歳になる男性です。かれこれ20年近く腰痛に悩まされてきました。

最初に腰を痛めたのが今から20年も前こと。当時は倉庫のアルバイト業をしていたのですが、手押し台車を片付ける為に中腰になった途端に腰から足先に電気のようなものが走り、急に立てなくなってしまいました。

いつも同じ作業をこなしており、その日も特に変わった持ち方等していません。ただ、急にそのような症状が出てしまったんです。

結局、そのまま立ち上がる事さえ出来ずに、会社の同僚たちに支えられ帰宅することになりました。その時は、まさか自分がそんな年齢(当時19歳)で、ぎっくり腰になることは無いだろうと思っていたので、半日もたてば治るだろうと軽く考えておりました。

しかし、次の日になっても起きる事さえ出来ません。結局そのまま救急車を呼びました。

診断の結果、ぎっくり腰が原因による椎間板ヘルニアとの事で、最低でも1ヶ月の入院とのことでした。この日から私と腰痛との長い長い付き合いがスタートです。

病院での主な治療は足に重りをつけて引っ張ること

病院ではコルセットをし、足に重りをつけて引っ張るといった治療を1ヶ月以上していました。

1ヶ月後、退院の際に先生から「ヘルニアや腰痛は1回かかってしまうと再発しやすく完治もしずらいので気を付けなさい。特に姿勢には充分に注意をして、重いものを持つ時は必ずコルセットをつけなさい。」と注意を受けました。

退院してしばらくは病院の先生の言いつけを聞いていました。しかし、調子がいい日が続くにつれて、それが面倒になってきます。結局、半年も経つと殆ど先生からの注意は守らなくなっていました。

その2年後に今の職種である運送業に就きます。仕事柄、車を運転する時間が多く、知らず知らずの内に腰に負担がかかり、徐々に痛みが出る機会が増えてきました。

痛みがぶり返した当初は市販の湿布等で治療をしていたのですが、やはり2年もすると疲れがたまり車の運転も困難な日が出てきます。

それからは、接骨院に通ったり針灸院に通ったりとありとあらゆる病院に通いましたが、結局はその時だけの応急処置的な感覚で中々良くなりません。

友人から勧められたマッケンジー体操を始める

そんな時に地元の友人から紹介された整骨院で、「マッケンジー体操」なるものを教えてもらいました(マッケンジー体操の方法は、次の動画が参考になります)。

この体操は姿勢不良などで歪んでしまった骨盤などを無理な力を加えずに元に戻していく体操です。腰痛を持っていると知らず知らずの内に姿勢が悪くなってしまい骨盤がずれてしまうそうで、それを改善するためにこの体操を勧められました。

体操事態は難しくなく直ぐに覚えられましたが、その簡単さがゆえに私自身半信半疑です。ただ、体操を始めて1ヶ月もすると、朝起きた時の腰の張りが全く違っていることに気がつきました。

それからは毎日、空いた時間に体操をするようになり今では順調に回復しています。この体操はデスクワークが多い方にもお勧めのようなので、今デスクワークをサれている方はぜひ試してみてください。

【人気記事】腰痛対策におすすめのマットレスランキング

腰痛におすすめのマットレスランキング
腰痛対策におすすめのマットレス・敷き布団をランキング形式で紹介中!マットレスの選び方も解説していますので、少しでもご参考になれば嬉しいです。

腰痛対策におすすめのマットレスランキングはこちら
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.